森美術館イベントのご案内(手話同時通訳申込あり)

森美術館様より当協会に掲載依頼がありました。興味ある方はぜひよろしくお願いします。

■森美術館15周年記念インターナショナル・アドバイザリー・コミッティー パネル・ディスカッション

「拡張する現代美術と変わる美術館」

*日英同時通訳付、手話同時通訳付
現代美術はいつの時代も世界の動向を反映してきましたが、近年の政治的、経済的な変動、環境の変化、テクノロジーの発展なども例外ではなく、アーティストは多様な文化的、宗教的、政治的な背景やそれぞれの問題意識から作品を生み出しています。こうした変化は美術館にどのような変革をもたらしているのでしょうか。展覧会は、環境問題、難民問題など地球規模の課題を、いかに身近な問題やコミュニティーの課題と繋げられるのでしょうか。また、美術館はインターネット時代以降の社会で急速に変化したコミュニケーションのかたちを、どのように展覧会やラーニング・プログラムに取り込めるのでしょうか。森美術館インターナショナル・アドバイザリー・コミッティー(※)会議の開催にあわせて企画された本パネル・ディスカッションでは、コミッティーのメンバーである世界の主要美術館の館長たちを迎え、それぞれのミッション、規模、地域の特性などを踏まえて、どのような戦略と戦術で現代美術との新しい関係を築いているのかを探ります。

出演:マニュエル・ホセ・ボルハ=ヴィレル(レイナ・ソフィア国立美術館館長)ラーナ・デヴェンポート(南オーストラリア州立美術館館長)グレン・ラウリィ(ニューヨーク近代美術館館長)フランシス・モリス(テート・モダン館長)高階秀爾(大原美術館館長)南條史生(森美術館館長)モデレーター:片岡真実(森美術館副館長兼チーフ・キュレーター)
日時:2018年11月14日(水)15:00~17:30(受付開始 14:30)
会場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員:120名(要予約)
料金:1,000円
お申し込み:森美術館ウェブサイトからお申込みください。
www.mori.art.museum
https://www.mori.art.museum/jp/learning/1663/index.html

*手話同時通訳のご利用をご希望の方は、イベント名を明記のうえ、2018.11.7(水)までにmam-learning@mori.co.jpへご連絡ください。

■カタストロフと美術のちから展

アーティストリレートーク 第2回日本語のみ、手話同時通訳付
本展出展作家が、阪神淡路大震災、東日本大震災といった未曾有の出来事にどのように向き合い、作品に何を託したのか、その背景を含めて自作について語ります。

日時:2018年11月17日(土)14:00~17:00(受付開始 13:30)
出演:堀尾貞治、宮島達男、宮本隆司会場:森美術館オーディトリアム定員:80名(要予約)
料金:無料(ただし、当日有効の本展覧会チケットが必要です)
お申し込み:森美術館ウェブサイトからお申込みください。

https://www.mori.art.museum/jp/learning/1562/index.html
*手話同時通訳のご利用をご希望の方は、イベント名を明記のうえ、2018.11.7(水)までにmam-learning@mori.co.jpへご連絡ください。

■森美術館×オックスフォード大学国際シンポジウム

「カタストロフの時代の美術:アーティストと文化施設の取り組み」日英同時通訳、手話同時通訳付
カタストロフ(大惨事)に直面した時、美術はどのような役割を果たせるのか。その可能性を多様なゲストを迎えて考察します。オックスフォード大学のアンソニー・ガードナー氏の基調講演のあと、パネルⅠでは、出展アーティストや研究者とともに人間の危機的状況における「アートの力」について考えます。パネルⅡでは、東日本大震災にフォーカスし、美術館を含む文化施設の動きやその後のアート界における変化について語り合います。

日時:2018年12月15日(土) 11:00~17:00(受付開始10:30)
出演:アンソニー・ガードナー(オックスフォード大学ラスキン・スクール・オブ・アート所長)、シェバ・チャッチ(アーティスト)、米田知子(アーティスト)、蔵屋美香(東京国立近代美術館企画課長)、高田彩(ビルド・フルーガス代表)、竹久侑(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)、エミリア・テラティーノ(オックスフォード大学ラスキン・スクール・オブ・アート博士研究員)、ジェイソン・ウェイト(オックスフォード大学ラスキン・スクール・オブ・アート博士号課程在籍)他モデレーター:近藤健一(森美術館キュレーター)
会場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員:150名(要予約)
料金:無料お申し込み:森美術館ウェブサイトからお申込みください。
https://www.mori.art.museum/jp/learning/1564/index.html
*手話同時通訳のご利用をご希望の方は、イベント名を明記のうえ、2018年12月5日(水)までにmam-learning@mori.co.jpへご連絡ください。

■手話ツアー ※日本語のみ手話と言葉で展覧会を楽しむツアーです。手話をお使いにならない方も気軽にご参加ください。

日時:2018年11月23日(金・祝)15:00~16:00
会場:森美術館展示室内定員:10名(要予約)
料金:無料(ただし、当日有効の森美術館の展覧会チケットが必要です)
※障がい者手帳をご持参の方(介助者1名を含む)は無料
*お申し込みは、ウェブサイト、ファックスで受付しております。
https://www.mori.art.museum/jp/learning/1661/index.html
お申し込みTEL: 03-6406-6101(月-金 11:00-17:00) ファックス 03-6406-9351
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/japaninarchitecture/index.html
※ファックスからのお申し込みの場合は、ツアー名、参加される方のお名前、人数、電話番号、ファックス番号をご明記願います。同伴される方のお名前も併せてお知らせください。
これからも双方向的で多様な学びを促す様々なプログラムを展開していきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

森美術館 ラーニング担当
mam-learning@mori.co.jp
TEL: 03-6406-6101 (月-金 11:00-17:00)
www.mori.art.museum

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。